日本

Exclusive Relief for Japan


レスキュージャパンは東北地方の太平洋側海岸の市町村を襲った東日本震災と津波の災害の3日後に設立しました。3月14日以降レスキュージャパンの目的は今回の災害で被災を受けた多くの被災者に緊急必要物資を提供することです。今回、そして将来の日本が被る災害に際しリサーチ、リカバリーの援助と救済物資配達プログラムを支援するこのレスキュージャパンの組織は様々な方法で救済を展開し多面的な業務計画で支援活動を達成していきます。 レスキュージャパンは国内・海外からの日本支援活動を促し、献身的に取り組んでいます。

fornt-page


EMERGENCY RESPONSE TO MARCH 11, 2011

第二次大戦以来最悪の被災とも言われています。メディアニュースでの日本に関する報道が減少しているなか今回の災害が及ぼした現実課題はいまだ日本に残っています。今現在、大規模NGO、ボランティア、そして被災者自ら懸命になり被災地が直面する厳しい現実を最小限に留めるべく、現場の後片付けや救援物資受領支援を行い、復興に向けて多忙な日々を送っています。これが今まさに被災地で起きている現実です。3月11日の東日本を襲った災害が我々のWEBページを立ちあげるきっかけとなりました。


  • SUNDAY NOVEMBER 29TH FR112915 – 現地レポート レスキュージャパンは2015年11月29日(日)午前9時頃に東京を発ち、茨城県常総市に向かいます。 下記の住所を参照して下さい。 〒303-0034 茨城県常総市水海道天満町4684 常総市生涯学習センター 炊きだしのイベントでは約100~200人の参加者の皆様にスタッフが用意する昼食をお配り致します。当イベントは午後12時半に開始し、16時まで続きます。 レスキュージャパンからは今回4名参加し、1、2名の地元のボランティアの方々も手伝いにいらっしゃいます。 レスキュージャパンのこちらのイベントや野外活動についての詳細は下記のリンクからお問い合わせ下さい。 ⇒http://www.rescuejapan.jp/_wp/?page_id=1915 ————————————————– FR112915 – FIELD REPORTS Rescue Japan will be leaving Tokyo Sunday November 29, 2015 at approximately 9am to Iberaki Prefecture, Joho City, at the following address: 〒303-0034 茨城県常総市水海道天満町4684 常総市生涯学習センター There the staff will setup, prepare and distribute a cooked lunch to about 100 to 200 people who will join the Takadashi event.  The event will take place starting at 12:30pm and continuing until 4pm that afternoon. Four members of Rescue Japan will participate on ...
  • UPDATE-051113-A 5月4日、支援グループ”楢葉いやしの森・坂本さん応援隊”さんへドックフードの支援を致しました。原発事故の被害にあっている福島県楢葉町で動物たちを守り続けている坂本さんを支援していらっしゃるグループです。坂本さんはライフラインが整っていない環境化、警戒区域ぎりぎりのところで非難せずお一人で懸命に動物たちを育て守り続けている方です。レスキュージャパンとしても協賛企業に協力をお願いし、継続的な支援ができるよう取り組んで参ります。また、”楢葉いやしの森”では個人の支援者にも協力を呼びかけており、amazonで購入したものが直接坂本さんへ届くサービスも行っています。ご賛同いただける方はぜひリンクをご覧ください。 《支援グループ”楢葉いやしの森・坂本さん応援隊》 HP:http://d.hatena.ne.jp/naraha184/   《支援品》 *ドックフード : 82146263 / 20箱 (20 boxes of Dog food) *消毒ジェル : 1507649 / 1箱 (1 box of  Hand Sanitizers) * 石鹸            : 1509661 / 5箱 ( 5 boxes of Sop
  • UPDATE-020213-A 前回同様、福島県相馬市にあります柚木仮設住宅へ2月2日~5日の3日間フェイシャルトリートメント体験イベントを開催いたしました。一度伺っていることもあり、今回はみなさん集まってお茶を飲みながら順番を待っていただいたりと、和やかでリラックスした雰囲気の中ご参加いただけました。3月から仮設を離れ新たな生活を送られる方もいると伺い、少しづつではありますが環境に変化が起きつつあるようです。もちろん中にはまだ先の見通しのつかない方もおられます。そういった状況を考慮し、次回のイベント開催はまた内容も変えつつ行えればと思います。 《その他支援品》 *ワイン / 20本 《プレゼント》 *ウォッシングフォーム *クレンジングフォーム *化粧水 *シャンプー・トリートメント / ミニセット *ボディークリーム等  


Login