非常食

efood

以下の項目は非常食を選ぶ際に参考にして下さい。既にご自宅にストックがあるかもしれません。 

  • 調理不要の肉類缶詰、フルーツ、野菜、そして缶切り
  • プロテイン、フルーツバー
  • ドライシリアル(コーンフレークなど)、グラノーラ
  • ピーナッツバター
  • ドライフルーツ
  • ナッツ類
  • クラッカー、おせんべい
  • 缶ジュース
  • 非生鮮食品
  • 高エネルギー食品
  • ビタミン
  • 乳幼児食品
  • ストレスを和らげる食品

食品安全性・衛生
洪水、火事、天災、強風、雪、凍結による停電は食品の安全性を脅かします。非常時の前と後で何をすべきかを知ることで病気発症の危険性を減らし、腐敗によって失われる可能性がある食品の量を最小限にすることができるでしょう。

停電は季節に関係なくいつでも起こり、住宅地域への電力復旧には数時間から数日かかるかもしれません。

停電すると冷蔵庫や冷凍庫に保管してある食品の安全性が失われる危険性があります。

食品中の細菌は温度が4℃~60℃の間で急速に増え、もしこれらが人の口に入ると、とても危険です。

すべきこと:

  • 密封容器に食品を保存する
  • 調理器具や食器を清潔に保つ
  • ゴミは密閉容器に入れ、外に廃棄し、必要なら埋める
  • 手は常に清潔に保ち、石鹸と一回沸騰させた殺菌済みの水で手を洗う
  • 汚染された洪水の水に接触した食品は処分する
  • 二時間以上室温に置かれた食品は処分する
  • 異臭、異色、異形食品は処分する
  • 乳児にはそのまま与えられるミルクを使い、無ければ飲料水を使って粉ミルクを用いる。もし飲料水が入手できない場合は沸騰したお水を使う。飲料水も沸騰水も無い場合は浄水を使う。母乳哺育児には授乳する

してはいけないこと:

  • 見た目が安全でも膨張、凹んだ、腐食した缶詰は食べない
  • 異臭がするものは食べない
  • 火災防止や衛生面からゴミを室内にためない

注意:  解凍された食品は‘冷蔵庫ほどの冷たさ’なら食べることができます。まだ凍っていれば再冷凍できます。念のために、まず‘迷ったら、捨てること!’

gas-stove-can

調理

  • 非常時の代替調理源:キャンドルウォーマー、卓上鍋、フォンドュ鍋や暖炉を含む
  • バーベキューグリルやコンロはアウトドア専用です
  • 市販の缶詰食品は加熱無しでもそのまま頂けます

缶詰内の食品加熱方法:

  • ラベルを外して下さい
  • 全体を洗い缶を消毒して下さい(稀釈液:漂白剤10%水90%をお使い下さい)
  • 缶詰を加熱する前に開けましょう
Login